フォト
2023年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

本 : My Favorite!

  • 磯田道史: 武士の家計簿

« JE1CRG が 430MHz帯での山岳反射・回折を 実際に実験してみました! -その4- | トップページ | 正しい "チャンネルチェック (周波数チェック) " は? »

2023年8月28日 (月)

JE1CRG が 430MHz帯での山岳反射・回折を 実際に実験してみました! -その5-

前回の 実験 -その4- に引き続き、山岳回折で当局自身が
交信した実験をもう一つ。 こちらは0エリア長野県佐久市固定
局とのQSOです。

前記事と同様に双方が八木アンテナで、互いに "浅間山ビーム"
での交信です。 但し、浅間山は佐久市局からは見通しなのです
が、当局からは直接見えないので、当局から約30kmにある
仏頂山430m (ローテータを回して検出した最高感度角度から
推定) 越えの山岳回折で浅間山を狙っての結果になります。
なので、"その4" と同様、「当局→山岳回折→山岳反射→相手
局」のパターンです。

"カシミール3D" による平面内での位置関係 (クリックで拡大)
B0
次に、断面方向 (垂直面内) は下のようになっています (クリ
ックで拡大) 。

B2
当局~仏頂山、仏頂山~浅間山、浅間山~佐久市局は各々見通
し可になっています。 佐久市局~仏頂山と当局~浅間山は
見通し"不可"です。

距離的にはこちらの方が遠い (直線で約180km) のにも関わら
ず、(プリ無しでは同じ51-51でしたが) シグナルはより強く、
低いノイズレベルでFMで楽に交信ができました。

【考察5】
(1) 本交信成立のパターンは、
    当局→仏頂山で真裏へ回折→浅間山で98°方向へ反射
  であると考えられる。
(2) "その4"のケースと違い、本交信では2つの山の間に適当
  な距離があること、また浅間山での反射の開き角が98°と
  大きくないことから、今回のシグナル強度の方が高かった
  のだと考えられる。

◆◆ 佐久市の局長さん、FBなQSOをありがとうございました!

にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ
にほんブログ村

« JE1CRG が 430MHz帯での山岳反射・回折を 実際に実験してみました! -その4- | トップページ | 正しい "チャンネルチェック (周波数チェック) " は? »

旅行・地域」カテゴリの記事

アマチュア無線」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。