フォト
2023年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

本 : My Favorite!

  • 磯田道史: 武士の家計簿

« JE1CRG が 430MHz帯での山岳反射・回折を 実際に実験してみました! -その3- | トップページ | JE1CRG が 430MHz帯での山岳反射・回折を 実際に実験してみました! -その5- »

2023年8月28日 (月)

JE1CRG が 430MHz帯での山岳反射・回折を 実際に実験してみました! -その4-

実験 -その1- で「当局から見て・・・奥会津の桧枝岐村~
燧ケ岳方面で、固定局・移動局とも極端に少ないようで交信
記録がないため山岳回折の効果については分からなかった」
と書いた "男体山の裏側方向" ですが、その貴重な初交信が
群馬県利根郡片品村固定局の局長さんと当局常置場所の間で
できたので報告します。 今回は当局自身のQSOなので送受
信の両方で確認した結果となります。

 注) 同じ片品村でも "完全に裏側" には当たらない "金精峠"
   移動局とのQSOは過去にありました。

アンテナは両局ともビームアンテナ (八木) です。片品村局は
近傍の日光白根山へ向け (距離が近く山頂を見上げる形となる
ため仰角を付けて、とのこと)、当局は男体山に向けての交信
でした。 当局が愛用する、超秀逸な3D地図ソフトして有名な
"カシミール3D" 上で、2つの山を挟んだ両局間の見通し関係
を確認ました。 平面内での位置関係は (クリックで拡大)
Photo_20230828101301
となっていて、当局~男体山~白根山 はほぼ一直線です。白根
山は男体山より若干高いだけなので、当局から見ると白根山は
男体山の影にほぼスッポリと隠れています。 次に、断面方向
(垂直面内) は下のようになっています  (クリックで拡大) 。

2
当局~男体山、男体山~白根山、白根山~片品村局は各々見通
し可になっています。 片品村局~男体山と前述の当局~白根山
は見通し"不可"です。

実はQSO自体は430MHzSSBだったのですが、片品村局は最初
のCQ呼出しをFMで行っており (433.00MHz) 、当局からは
それもちゃんと聞こえていました。 FMでのRSレポート交換は
行わなかったのですが、おそらく 430MHz FM としては お互
いに直下プリ無しだと "51-51" で、「シグナルは小さいものの
ギリギリ全部が了解可能」のレベルであったと思われます。
これまでの他の1回の "男体山反射" のみで成立した交信に比べ
ると、非常に低いシグナル強度となっています。

【考察4】
(1) 本交信成立のパターンとしては、次の2通りの解釈が考え
  られる。
  A) 当局→男体山で真裏へ回折→白根山で25°方向へ回折
  B) 当局→男体山で真裏へ回折→白根山で155°方向へ反射
(2) 経験的に「山岳回折では回折に寄与する山のすぐ裏側、即ち
  山影は回折波が届きにくい」といった感じがある (例:当局
  から見て筑波山反対側直下のつくば市など) 。片品村は白根
  山の直下なので白根山からの回折波は届きにくい。また25°
  の回折角は大き過ぎると思われるので、今回のケースでは
  おそらくBであると思う。
(3) 男体山~白根山も近いため、男体山を越えて回り込んだ回折
  波は十分拡散しないまま白根山の位置に到達すること、また
  白根山の反射の方も155°の開き角は大きいので、今回の
  シグナル強度は低かったのだと思う。

◆◆ 片品村の局長さん、FBなQSOをありがとうございました!

にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ
にほんブログ村

« JE1CRG が 430MHz帯での山岳反射・回折を 実際に実験してみました! -その3- | トップページ | JE1CRG が 430MHz帯での山岳反射・回折を 実際に実験してみました! -その5- »

旅行・地域」カテゴリの記事

アマチュア無線」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。