フォト
2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

本 : My Favorite!

  • 磯田道史: 武士の家計簿

« 【真空管 Audio Collection Ⅴ: アナログ音源編】 #2 電子部品用導電袋をレコードの保管に! | トップページ | 【真空管 Audio Collection Ⅴ: アナログ音源編】 #1B 導電スポンジマットを30cmフルサイズ化! »

2022年7月 4日 (月)

【真空管 Audio Collection Ⅴ: アナログ音源編】 #2B 導電袋溶着用シーラーを改良!

#2 電子部品用導電袋をレコードの保管に! でご紹介した自作
の "300mmシーラー" ですが、ニクロム線ができるだけ直線
を保つよう工夫はしたのですが、経時変化でニクロム線自体が
伸びてきたようで、溶着部が直線からズレて曲がるようになっ
てしまいました。 そこで、ニクロム線に常に適度なテンション
を加えるよう改造しました。

表側 ↓
Img_0175s
はほとんど変わりませんが、
裏側 ↓
Img_0176s
で、ゴムバンドを使って (強過ぎると切れてしまう!) ニクロム
線の両端を引っ張り、テンションを与えるようにしました。
テンションはゴムバンドの長さ・本数で調節します。ニクロム
線とゴムバンドを結び付けるために、ニクロム線の端に細い真
鍮パイプを圧着し、それに真鍮製のフックをハンダ付けしてあ
ります (反対側も同様) 。
Img_0179s
これで溶着すると、今のところキレイな直線で溶着できていま
す。 これなら時間が経っても大丈夫かな?

« 【真空管 Audio Collection Ⅴ: アナログ音源編】 #2 電子部品用導電袋をレコードの保管に! | トップページ | 【真空管 Audio Collection Ⅴ: アナログ音源編】 #1B 導電スポンジマットを30cmフルサイズ化! »

アマチュア無線」カテゴリの記事

工作」カテゴリの記事

真空管オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【真空管 Audio Collection Ⅴ: アナログ音源編】 #2 電子部品用導電袋をレコードの保管に! | トップページ | 【真空管 Audio Collection Ⅴ: アナログ音源編】 #1B 導電スポンジマットを30cmフルサイズ化! »