フォト
2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

本 : My Favorite!

  • 磯田道史: 武士の家計簿

« 私の オートミール アレンジ レシピ - <その4> 雑炊・お茶漬け・おじや仕立て | トップページ | 【真空管 Audio Collection Ⅴ: アナログ音源編】 #2 電子部品用導電袋をレコードの保管に! »

2022年6月30日 (木)

【真空管 Audio Collection Ⅴ: アナログ音源編】 #1 レコードプレーヤーのゴムマット ⇒ 導電スポンジ に交換

【真空管 Audio Collection Ⅳ: 携帯プレーヤー編】 #1 の
冒頭で、

「 "真空管ラジオ" から始まった私の Audio Collection は 次
 に "真空管ステレオアンプ" へと進んだのですが、それで聞
 く音源としてはイマドキの デジタル音源 ではなく やはり
 アナログ音源 だろうということで、"レコードプレーヤー"
 を手に入れ、更に録音手段として "カセットデッキ" へと進
 んでゆきました。」

と書いたように、"レコードプレーヤー" を入手して、アナログ
盤を聴いています。 未だレコードプレーヤーの紹介記事もUp
していない状況からいきなりで恐縮ですが、今日はレコード盤
の大敵、"静電気" の話題をUpします。 

私の所有するレコードプレーヤーは、パイオニア製の PL-340
(ともう一台、PL-M340も所有) です。 中古で入手したので純正
かどうかは分からないのですが、ゴム製のターンテーブルマット
が付いています (下の写真ではマットが分かりやすいように赤盤
のEPレコードを回しています) 。
Img_3473s
至ってフツーのゴムマットで、テスターで導通を測ってみても、
完全に絶縁体です。 ゴムマットに導通があれば、レコード盤に
静電気が付着しにくくなるんじゃないか? といつも思っていま
した。

ある日 ジャンク箱を整理していたら出て来たのが、CPUやICを
刺して保管するための、"導電スポンジ" 。
Img_3474s
あれッ、コレ良いんじゃない? ということで早速試してみま
した (私がネット検索した範囲では、レコードプレーヤーに導電
スポンジを組合せた例は他に見つかりませんでした) 。
直径30cmが採れる大きさじゃなかったので、まずはEPレコー
ド用としました。 元がピッタリ正方形だったので、できるだけ
正確に中心を割り出して、アダプターの直径分をくり抜きまし
た。 厚みは5mmで、元のゴムマットの4mm強より若干厚いの
ですが、まぁこの程度は許すことにします。
Img_3475s
プレーヤーのゴムマットを外してセット。
Img_3477s
円でなく正方形ですが、まあまあキチンとした4回対称なので
回転ムラは気にしないことに。 EPレコードを回してみます。
Img_3469s
再生の音を聴いている分には問題なさそうです (あくまで個人的
な感想) 。 きっと気のせいだと思うのですが 、パチパチが少し
減ったような気もします。 調子に乗って、EP用のアダプター
を外して そのまま 30cmLP盤も回してみました。
Img_3478s
ストロボスコープはきれいに静止していて、回転も安定している
ようです。
Img_3480s
使った導電スポンジは、フツーの台所用スポンジよりは硬め (IC
のピンが刺せる) ですが、レコード盤にキズが付くほどの物では
なさそうです。 もう一つ気になるのは、レコード盤を保持して
しっかり回転させるための摩擦力。 30cmLP盤の外周を手で
回して空回りする時の感触では、ゴムマットの半分くらいかな?
という感じです。 でも 私のカートリッジの針圧 (普段は2.0g)
では今のところ問題ないようです。

試しにこれでしばらく使ってみようと思います。 また、30cm
が取れる導電スポンジも探してみようと思います。
   ⇒ "30cmフルサイズ化" の記事へ

 

« 私の オートミール アレンジ レシピ - <その4> 雑炊・お茶漬け・おじや仕立て | トップページ | 【真空管 Audio Collection Ⅴ: アナログ音源編】 #2 電子部品用導電袋をレコードの保管に! »

アマチュア無線」カテゴリの記事

工作」カテゴリの記事

真空管オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 私の オートミール アレンジ レシピ - <その4> 雑炊・お茶漬け・おじや仕立て | トップページ | 【真空管 Audio Collection Ⅴ: アナログ音源編】 #2 電子部品用導電袋をレコードの保管に! »