フォト
2023年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

本 : My Favorite!

  • 磯田道史: 武士の家計簿

« 2018年3月 | トップページ | 2018年6月 »

2018年4月

2018年4月29日 (日)

【クラシックギター】 ブログ掲載のmp3を高音質化!

最近upしている "クラシックギター" 関連記事にはmp3ファイル
を掲載していますが、「驚くほど音質が悪い!」 ことに今さら
ながら気付きました。

【今までの処理手順】

 (1) iPhoneの「HT Recorder」で44.1KHz CPM(モノラル)録音
 (2) (1)の wav ファイルを「HT Recorder」からメール送信で
   PCへ転送 (この時点で勝手にAACに圧縮される)
 (3) iTunes で AAC から mp3 に変換

とやっていたのですが、直接 wav ⇒ mp3 でやったらどうか、と

【新しい処理手順】

 (1) は上と同じ
 (2) (1)の wav ファイルを FTP転送で そのままPCへ転送
    (録音時の非圧縮 wav ファイルのまま)
 (3) 別のmp3化ソフトで wav から mp3 に変換

でやってみました。

4月15日以降にupした記事の音源については、新しい処理手順
で作成したmp3ファイルに差し替えしました。新しいmp3には、
【高音質】を付記してあります。「今までは何だったんだろう!」
と思うくらい音質が違います (これで普通なのでしょうね) 。

 【録音最適化】クラシックギターで「愛のロマンス(禁じられた遊び)」

  D'Addario "Dynacore"で 響きの足りないギターが蘇る?

 【D'Addarioに戻して】クラシックギターで「愛のロマンス(禁じられた遊び)」

 【脱初心者なるか?】クラシックギターで「愛のロマンス(禁じられた遊び)」

にほんブログ村 音楽ブログ クラシックギターへ
にほんブログ村

2018年4月28日 (土)

D'Addario "Dynacore"で 響きの足りないギターが蘇る?

前から気になっていた D'Addario Pro-Arte シリーズの中では
値の張る "Dynacore"。 Getしたので、 「高音が少し控えめ
なのと、サステインが不足気味」と感じていた、古い寺田彦蔵
ギター
に張ってみました。

Dynacore

試しに弾いてみた感想。

 1.音量が大きく、良く鳴る!

 2."titaniumを採用"の高音弦は音質が少し硬く、人工的

4月15日の記事 のYAMAHAの弦より良く鳴っています↓

「Terada_HD.mp3」をダウンロード 【高音質】

少しクセのある音質ではありますが、"響き・音量の足りない"
ギターには救世主になるのではないでしょうか?

にほんブログ村 音楽ブログ クラシックギターへ
にほんブログ村

【録音最適化】クラシックギターで「愛のロマンス(禁じられた遊び)」

昨日の今日で、演奏自体はもちろん全く変わっていないのです
が、マイク位置の良いセッティングが見つかったので、録り直し
たものを再upします。 マイクは 4月7日の「【続】~」の記事
で掲げた、このaudio-technica のダイナミックマイクです↓

Atx11s

これまでは操作の都合上、ギターのサウンドホールのすぐ右横
方向40cm位で録っていたのですが、どうも音がこもる (つぶれ
る?) 感じで、全体的に平板な音質になっていました。 そこで、
もう少し離す&正面方向に近づける、を狙ってサウンドホール
のやや右前方70cm位にマイクを移しました。

録り直した結果がコチラ↓

「Raimundo_HD.mp3」をダウンロード 【高音質】

ギターから出る音は変わっていないはずですが、録音の音質
だけは少し改善が見られ、臨場感が良くなっています。
 

   ⇒ この後、mp3変換も高音質化しました!

にほんブログ村 音楽ブログ クラシックギターへ
にほんブログ村

2018年4月27日 (金)

【D'Addarioに戻して】クラシックギターで「愛のロマンス(禁じられた遊び)」

Raimundo 148S の弦がそろそろ交換時期になってきた (私の
場合、毎日2時間くらい弾いて約1ヶ月) ので、張り替えました。
前回は 3月27日の記事 で書いたように AUGUSTINE の"赤"を
張ったのですが、今回はまた D'AddarioのPro-Arte EJ45に
戻しました。 AUGUSTINE の"赤" の低音弦は良かったので
すが、高音弦の音の劣化が早いような気がしたので、続投は
無し、となりました。

弦を張り替えると響きが良くなり、腕前が上がったように錯覚
させてくれます。 気のせいだと分かっていても、嬉しいです。

ということで、記録に残すため今回の録音をupしておきます。

「2018_04_27_21_20_08.mp3」をダウンロード 【高音質】

まだ音飛びもあったりしてダメダメなのですが、さすがに時間の
経過分程度は、わずかに上達したでしょうか。

にほんブログ村 音楽ブログ クラシックギターへ
にほんブログ村

2018年4月22日 (日)

トレモロ練習支援ツール 「アルハンブラの友」

 これまでの「愛のロマンス(禁じられた遊び)」に続いて、
「アルハンブラの思い出」の練習を始めています。 この曲の
ポイントは何といっても "トレモロ" にあります。 練習量がモノ
を言うのは間違いないところなのでしょうが、"いつでもどこで
も練習" するために、常にギターを持ち歩く、という訳にもいき
ません。 そこで "トレモロ練習支援ツール" を作ってみました。

取り敢えず、名前がないと寂しいので 「アルハンブラの友」と
名付けました。

  「アルハンブラの友」 ↓

Img_1256s_2

"~の友" は、当ブログの昔の記事「チタンの友」シリーズ
由来しています (ギターとは無関係の記事ですが ...) 。

  こちらが 「チタンの友」 ↓

B9

構造ですが、木の板に 本物のナイロン弦を短く切って張って
います。 アクリル製の角材をブリッジ&サドルの代わりにして
弦を実際のクラシックギターと同様 10mm浮かせてあります。

Img_1259s

特に4~6弦のメタル巻き弦の張りがまだ弱いので、弦にテン
ションを与える仕掛けにもう一工夫が必要なようです。

その点は後々改善するとして、コイツがあれば、いつでも持ち
歩いて、どこでも (恥ずかしくさえなければ) トレモロの練習が
できます!

にほんブログ村 音楽ブログ クラシックギターへ
にほんブログ村

2018年4月15日 (日)

【脱初心者なるか?】クラシックギターで「愛のロマンス(禁じられた遊び)」

 前回「未だ完全に消えて無くなってはいない・・・」と書いた
"カツカツ的雑音"ですが、これが正解なのかどうか自信はありま
せんが、かなり小さくできました。
 
1."カツカツ音" の正体

 まず、残っていた"カツカツ音"の出るタイミング、出所を確か
めたら、3連符の最初の所だけで、親指ではなく薬指の爪で出て
いることが分かりました。 更に、指を弦にキチンと直角に当て
るほど雑音が大きくなりました。

文章で説明するのは難しいのですが、どうやら爪の裏が弦に
平たく当たる=爪の裏面が弦に平行になっていて、爪の横幅分
全体で"面"("線"?)として一気に弦に当たる ことで、"カツッ"
と鳴るようです。  そして、雑音の出ない中指・人差し指は元々
弦に対して少し直角からずれているせい(私のクセ?)で、弦に
対して爪先の縁の1点から当たり始め、弦に一気に平たく当たる
ことがないために雑音が出ないようです。

ということで、薬指の爪の裏を弦に対して完全に平行ではなく、
少し角度(逃げ角?)を付けて当たるようにしてやれば、改善
するのでは? ということで、試してみました。
 
2.結果は?

 結果は ...Good! 気にならないレベルになりました。
(が、対策としてこれは正しいのでしょうか? 自信無し!)

で、今回の録音↓   (アルアイレで弾いています)

(1) Raimundo 148S
「0415b3.mp3」をダウンロード 【高音質】

 技術的にそんなに向上した訳ではないのですが、"カツカツ音"
が残っていた 前回 に比べ、クリアーで綺麗な音が出せるように
なった気がします。 爪の裏面を弦に平行にし、弦に爪裏全体を
押し当ててから はじくと、「ペン!」というような伸びの無い
濁った音で鳴りますが、爪に少しだけ角度を付けて はじくと、
「ぽ~ん」と柔らかくて伸びのある澄んだ音色で鳴ります。
良い音が出るかどうか" は、「ギターの良し悪しだけでなく、
弾き方にもよる」のを実感です!
 
3.弾き比べ Part Ⅱ

 「Raimundo 148S」で音質が良くなったので、【後編】
弾き比べを掲載した「寺田彦蔵 "山"」と「Lumber LCG20」
の2本の弾き比べをやり直しました(今回は最初のEmパート
のみ)。どちらも 高音の音色が多少ではありますが、綺麗に
なっています。

(2) 寺田彦蔵 "山" 第600號
「04151.mp3」をダウンロード 【高音質】
 

(3) Lumber LCG20
「0415Lumber1.mp3」をダウンロード 【高音質】
 

 私の場合、誰が評価してくれる訳でもないので、「まぁそこ
そこ弾けるようになった」と自分で思えるようになったことを
もって、「愛のロマンス」については 勝手ながらこれで一旦
"初心者卒業"  とさせて頂くことにします。
(次はやっぱり "アルハンブラの思い出" かな?)

にほんブログ村 音楽ブログ クラシックギターへ
にほんブログ村

2018年4月 7日 (土)

【続】クラシックギターで「愛のロマンス(禁じられた遊び)」

1.右手指の弦アタックを改善

 これまでの練習(【前編】【後編】【おまけ】)の中で、
音が少しずつキレイになってくると共に、弦をアタックするとき
に出るカツカツ的な雑音が段々気になるようになってきました。
早く弾くことに気を取られ、指の腹から当てるというのが疎かに
なり、爪先から当たるような形になっていたようです。
そこで、その辺を意識して練習を強化。

 すると、色々なことが分かってきました。

 (1) そもそも右手指が弦に対して直角に近い形で当たって
    いないとダメ

 (2) "爪先に近い指の腹⇒爪先" と当てると、必然的に
    指先を「弦を押し込む」方向へ動かすことになる

 (3) "指の腹" をどのくらいの深さで当てるかで、音の出方
    を変えられる

 (4) キチンと "爪先に近い指の腹⇒爪先" の順でアタック
    した方が、ミスアタック(空振り)が減る

今回、(2)は大きな意味を持っていました。 この練習の中で、
更に積極的に「弦を押し込む」ことを意識したら、"アポヤンド"
が何となくできる(あくまで自分の思い込みですが ...)
ような感じになってきました。 大きな収穫です!

 アタック時に指を動かす速度が遅いためか、カツカツ的雑音
は未だ完全に消えて無くなってはいないので、もう少し精進が
必要です。


2.録音環境を改善

 今回、iPhoneでの録音環境を改善するために、"iPhone対応
4極⇔3極x2変換アダプタケーブル" をGetしました。

Photo

接続する外部マイクはコチラ。

Atx11s

以前の記事「無線用のマイクロホン周りをパワーup!」
紹介した、"audio-technicaのボーカルマイク"AT-X11" です。
スマホの内蔵マイクなどと違い、単一指向性のダイナミックマ
イクですから、周囲の雑音も拾わなくなります。 モノラルなの
でステレオ⇔モノラルの変換アダプタをかませて使います。

今回の録音↓ (スマホの場合、"スマホ表示モード"で)

「2018_04_07_8_05_44.mp3」をダウンロード

アポヤンドを意識して弾いています。 一応 指先の感触では、
1弦を弾いた薬指は2弦まで届いているのを感じています。
ただ、所々そのまま2弦まで鳴らしちゃっていて、音が汚く
なっています。 録音の音質自体は マイクが良くなった分、
キレイになりましたが ...

にほんブログ村 音楽ブログ クラシックギターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ
にほんブログ村

« 2018年3月 | トップページ | 2018年6月 »