フォト
2023年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

本 : My Favorite!

  • 磯田道史: 武士の家計簿

« 2017年12月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月

2018年3月27日 (火)

クラシックギターで「愛のロマンス(禁じられた遊び)」 【おまけ】

先日upしたクラシックギターで「愛のロマンス」【後編】の中
では、Raimundo 148S には D'AddarioのPro-Arte EJ45 を
張って弾いていたのですが、今回 AUGUSTINE の"赤" に張り
替えたので、それで弾いたヤツを比較用にupしておきます。

Photo_4

気のせいかも知れませんが、AUGUSTINE の"赤" の方が
Pro-Arte EJ45 よりも音量が大きいように感じます。
AUGUSTINE の方が安いのですが、低音弦の音質はコチラの
方が好みかも。

「raimundo_148s_2.mp3」をダウンロード

にほんブログ村 音楽ブログ クラシックギターへ
にほんブログ村

2018年3月21日 (水)

クラシックギターで「愛のロマンス(禁じられた遊び)」 【後編】

1.フォークギター (アコギ)

 遡ること40年以上前、当時はフォークギターがブームになっ
ていて、私も「モーリス持てばスーパースターも夢じゃない!」
のCMにつられて Morrisギター W-20 を買ったのでした。 こ
のギターは今でも持っています。 でも、ちゃんと弾けるまでに
至らないまま時は流れて、いつからか部屋の飾りになったまま
でした。

 そして昨年の秋、またふとフォークギターが弾きたくなって、
ネットで評判の良かった "YAMAHA FG830" を買いました。
前編で書いたように、これで「愛のロマンス(禁じられた遊び)」
の練習を始めたのです。
 

2.クラジシックギター

 それからクラシックギターが欲しくなったのですが、クラシッ
クギターに関しては、「どんな音が出るのが良いギター?」と
か「まあまあの音が出るのはいくらくらいの値段から?」とか
常識が全く無かったので、まずはムダになるのを覚悟の上で
一番安いクラスのギターを買って、"知る"ことから始めること
に。 で、1号機は島村楽器のPB商品?の "Lumber LCG20"。
買ってみたら、なるほど安いだけあって、音が滅茶小さい!
「何とかならんか?」ということで、ブリッジの溝の底を研磨し
てサドルとの密着性を上げたりしたら、少し改善できました。

 そのすぐ後、リサイクルショップで "ジャンク品" として売ら
れていた不思議なギターが、2号機。 たったの¥2,980。 1弦
がなく、塗装はくすんで艶消しに。 弦巻ペグの金具には錆が。
でも、ネックに反りはなく、フレットも減っていない。残ってい
た弦で音を出してみると、悪くない感じ。 サウンドホールの中
を覗くと、和紙に "寺田彦蔵" の銘。 見た記憶のある名前。
実は前出の "Morris W-20" は、モリダイラ楽器製ではなく、
"寺田楽器"製。 その"寺田"だったのです。

Img_4895s

持ち帰ってコンパウンドでピカピカに磨き上げ&補修塗り。
弦・ペグ・サドルは新品に交換。 良い感じに "復活" しました。

2号機を少し弾いて、クラシックギターのことを少しだけ勉強し
てから買ったのが、3号機で現在メインの "Raimundo 148S"。
これも中古品ですが、美品だし、音も良かったので。
 

3.弾き比べ

上の5本で、「愛のロマンス(禁じられた遊び)」を弾き比べて
みました。 (新しい方から並んでいます。)

(1) Raimundo 148S (Made in Spain、表/側/裏:単板)
    「Raimundo_148S.mp3」をダウンロード
  流石にオール単板だけあって、低音の響きも 澄んだ高音
 もGoodです。 音量も大きくて、サステインも良好です。 弦
 は D'AddarioのPro-Arte EJ45 を張っています。 ( 前編

 載せた演奏よりわずかに上達してるかな?)

(2) 寺田彦蔵 "山" 第600號 (Made in Japan、仕様不明)
    「寺田彦蔵_山_第600.mp3」をダウンロード
  古いせいか、かなり硬めの音です。 低音は割と良く響きま
 す。 高音が少し控えめなのと、サステインが不足気味です。
 弦は少し前まで上と同じ D'Addario を張っていたのですが、
 YAMAHA に替えました。 替えてから音量が小さくなった気
 がします。

(3) Lumber LCG20 (表/側/裏:合板)
    「Lumber_LCG20.mp3」をダウンロード
  値段なりですね、音量が小さいです (録音では分からない
 かも) 。 購入時はもっと小さかったのですが、ブリッジの溝
 の底を研磨しサドルとの密着性を上げたら、少し改善しまし
 た。 高音の伸びは意外に悪くないです。 低音はあまり響き
 ませんが。

(4) YAMAHA FG830 (表:単板、側/裏:合板)
    「YAMAHA_FG830.mp3」をダウンロード
  アコギ (フォークギター) ですから、スチール弦です。
 頑張ってクラシックギターと同じ弾き方 (右手の指を直角に
 弦に当てる等) で弾いています。 弦は Martin の MSP-4050
 (Phospher Bronze/Custom Light) 。評判通り、FG830 は
 大変良く鳴ります。

(5) Morris W-20 (Made in Japan、表/側/裏:合板)
    「morris_w20.mp3」をダウンロード
  やはりアコギですが、ちょっと趣向を変えてコンパウンド弦
 を張ってあるので、音質・音量ともマイルドになっています。
 元々FG830に比べて、高域 (高音の倍音域) が不足気味です。

にほんブログ村 音楽ブログ クラシックギターへ
にほんブログ村

2018年3月10日 (土)

クラシックギターで「愛のロマンス(禁じられた遊び)」 【前編】

昨年秋に新しいフォークギター(所謂アコギですね)を買って、
40年ぶりくらいにフォークギターの練習を始めました。

アルペジオの練習に良いかな、ということで練習曲に選んだの
が、普通はクラシックギターで弾く、「愛のロマンス(禁じられ
た遊び)」。 私は、自分の指が日本人男子の平均より短いと
自覚しているので、結構長い時間練習しました。 ただし独習で
しかも自分なりに色々と試行錯誤したので、自己流もいい処
ですが。 それで12月のクリスマス頃までかかって、ホ長調に
転調する後半パートも含めて、スチール弦のアコギで曲がり
なりにも途切れずに弾けるようになりました。

この頃になると、この曲をクラシックギターで弾けるように
なりたいなぁ と思うようになって、 初めてクラシックギター
を手に入れました(中古品です。このあたりの経緯は後編で)。

ナイロン弦の方が柔らかいのに、押さえ方がアコギよりもチョー
難しくて中々まともに鳴ってくれません。 悪戦苦闘ししながら
フォークギター+クラシックギターを合わせて5ヵ月練習して
やっと通しで弾けるようになってきた今日この頃です。 まだ
ぎこちない所、音がちゃんと出ていない所が満載ですが、
記録に残すために、下にMP3 ファイルを Up しておきます。
古い iPhone で録音したので、音質もひどいですが。
(スマホではプレーヤーが表示されないかも。悪しからず!)

「Spanish_Romance.mp3」をダウンロード

この録音で使っているギターはコレ↓、スペイン製のRaimundo
148Sです。(クリックで大きくなります)

Raimundo_s2

にほんブログ村 音楽ブログ クラシックギターへ
にほんブログ村

« 2017年12月 | トップページ | 2018年4月 »