フォト
2023年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

本 : My Favorite!

  • 磯田道史: 武士の家計簿

« 2017年5月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月

2017年7月23日 (日)

「簡易クランクアップタワー」の上げ下げを劇的に改善!

2012年6月の記事、"アンテナタワー自作 「簡易クランクアップ
タワーに挑戦! 8"」
で完成した "自作タワー" ですが、これ
まで 性能的/強度的に 大きな不満はなく、ほぼそのままの形
で使ってきました。 イレクターパイプの金属ジョイントに錆が
目立ってきて一度錆び止め塗料を塗った以外は、5年間 大きな
メンテナンスは何もしていません。 イレクターパイプの耐久性
は なかなかのものです。

 

でも面倒・大変なのは、クルマのジャッキを使っての上げ下げ。
台風がやってくる前などは、憂鬱になります。 というのも、

 

Tower4s

 

パンタグラフ式ジャッキのストロ-クは25cmしかないので、
タワーの1段分の有効高さ1m75cm分 (2m長のイレクター
パイプ使用) を上げ下げするには、ジャッキの掛け替え

 

[ジャッキをセット⇒ジャッキを最大まで伸ばす⇒タワーを仮
  固定⇒ジャッキを外す⇒ジャッキを最小に縮める⇒ ・・・ ]

 

を7回も繰り返す必要があります。

 

6月の "430FM伝播実験" で小山市の渡良瀬遊水地へ移動
運用に行った際に 隣のJH1KJI局の手動上下式タワーを見さ
せて頂いて、「これだッ!」と思ったのが、"ハンドウィンチ"。
参考にさせて頂きました (KJI局ありがとうございました!) 。

 

早速 "ハンドウィンチ" を購入し、アタッチメントを作って "自作
タワー" のフレームに固定しました。

 

Img_1242s

 

この "ハンドウィンチ" には幅5cmで有効長7m40cm (仕様
では "8m" なのに!) のナイロンベルトが付いているので、

 

[先端のフックを1段目の最上部に固定して垂らす⇒2段目の
  外側をくるむように、ベルトを2段目の底にグルッと回す⇒
  ベルトを持ち上げて再度1段目の反対側の最上部に回す⇒
  ウィンチの巻取りローラーへ ]

 

Img_1240s_23_2

 

Img_1243s2

 

と取り回しました。 ベルトの折り返し部分は簡易型のローラー
式ガイドにしました。 これをウィンチで巻き上げると 1m75cm
を何と1回の操作で上げられるようになりました (下げも同様)!

 

上げる様子を動画にしました。

 

 

 

クランクを片手で回すだけで、結構スムーズに上がっていき
ます。

 

タワー全体を上げるには「3段目を上げる⇒3段目を2段目の
上部に固定⇒2段目+3段目を上げる」のように2回繰り返し、
全体を下げるには逆に「2段目+3段目を下げる⇒3段目と
2段目上部の固定を外す⇒3段目を下げる」とすれば、終わっ
ちゃいます。

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ
にほんブログ村

 

 ★★★ 2023 アンテナタワー最新記事 ★★★
    ⇒ アンテナタワー自作 「簡易クランクアップタワーに挑戦! 9」: 430MHz八木を2列2段化!

2017年7月15日 (土)

柴犬を連れて 佐原の大祭 へ行ってきました!

先月も行ったような気がするのですが、また佐原へ行って来ま
した。 実は、何も知らずに行ったのですが、今日7月15日は
佐原の大祭だったのです。 クルマはお祭りの中心エリアへは
入れず、利根川河川敷の無料臨時駐車場に停めることに。
ここから山車が練り歩く通りまではかなり距離があって、猛暑
の中、どうしよう? と思っていたら、シャトルバスならぬ
シャトル舟が運行されていて、小野川を遡って会場付近まで
連れて行ってくれました (大人一人往復で\1,300) 。 膝に載せる
のであれば、お行儀の良い?犬ならOKということで、載せて
もらいました。 道路を歩くのと違って、川面は涼しい風で最高
です。

Img_4145s

Img_4139s

Img_4164s

展示してある山車は見たことがあるのですが、曳き廻しを実際に
見るのは初めてです。

Img_4149s_2

Img_4159s

猛暑の中でしたが、フランスから観光で来た女性陣に声を掛け
られて写真を撮ってもらったり、お店の方にわざわざ冷たい水
を出して頂いたりの一日でした。

にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村

« 2017年5月 | トップページ | 2017年8月 »