フォト
2023年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

本 : My Favorite!

  • 磯田道史: 武士の家計簿

« 松山出張の合間に道後温泉へ行ってきました&ホテルからQSO | トップページ | 「おおたイルミネーション2012」からQSO »

2012年9月23日 (日)

ハンディ機に汎用大容量バッテリーを増設

 (以下の改造は私が、私の個人責任の範囲において行ったものです。
  この記事はその結果の一部をご紹介するために掲載するもので、
  改造を推奨するものではありません。 私以外の人がこれと同様・
  類似の改造を行うことによっていかなる事故や損傷・障害が発生し
  ても責任は負えませんので、悪しからずご了解ください。)
 

私のアマチュア無線用ハンディ機は、YAESUのVX-7。
Vx7b1
純正のLiイオンバッテリーは 7.4V 1,400mAh。
Picture_8ss_3
1個だと運用時間が心許ない、ということで、以前予備として
1個を買い足し、2個持っていたのですが、1個が使えない
状態に。 このバッテリー、良く見ると VX-7との間の接点は
+極と-極の2個だけというシンプルな作りです。
じゃあ、このバッテリーを外身だけ使えば、大容量の外付け
バッテリーが簡単につなげられるのでは?

肝心の大容量バッテリーはどうしよう?

条件としては、
(1) 重量vs容量のパフォーマンスや低温で劣化しにくい
   ことから、Liイオンバッテリーが吉
(2) 電圧は 3.7V x 2 = 7.4V。 容量は、できれば純正の2倍
   で、2,800mAh 欲しい
(3) Liイオンバッテリーを裸ではなく、それ自身で簡単に
   充電できること(特別な充電器を必要としない)。
ということで選んだのが、Panasonicの「USBモバイル電源」の
3.7V x 2,700mAh のバージョン。
これの中身は(多分)3.7V x 2,700mAh のLiイオンバッテリー
が1本と、USB出力用の5V変換+充電+保護用の回路。
ACアダプタをつなぐだけで簡単に充電できます。
コイツを2個使い(実売で合計\6,000~7,000)、充電時は単独
で、VX-7につなぐ時には2個まとめて使おうと。

つないだ状態はこんな感じ。
Picture_2s
2個がバラバラにならないように、手近なアルミ板+両面テープ
で一まとめに。
Picture_3s
さらにオマケで付いてきたLEDランプも一緒にしました。
Picture_11s
この出力をヒューズボックスを介して、ダメになったVX-7
純正バッテリーを外身だけにしたものと結線。
できあがりがコチラ
Picture_9s
7.4V x 2,700mAh なので、VX-7純正バッテリーのほぼ2倍。
純正バッテリー1個と合わせて、約3倍の運用時間が稼げる
計算です。

にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ
にほんブログ村

« 松山出張の合間に道後温泉へ行ってきました&ホテルからQSO | トップページ | 「おおたイルミネーション2012」からQSO »

アマチュア無線」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ。記事を拝見しました。
ハンディもスマートフォンもバッテリーの持ちが心配ですものね。
いや、お見事です。
ところでこのたび当方もブログを開設致しました。
よろしければ覗いてみて下さい。
http://ameblo.jp/ginto2/

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハンディ機に汎用大容量バッテリーを増設:

« 松山出張の合間に道後温泉へ行ってきました&ホテルからQSO | トップページ | 「おおたイルミネーション2012」からQSO »