フォト
2023年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

本 : My Favorite!

  • 磯田道史: 武士の家計簿

« 柴犬を連れて鹿島神宮 & 水郷へ行ってきました | トップページ | ブログを開設して1年になりました! »

2012年6月16日 (土)

アンテナタワー自作 「簡易クランクアップタワーに挑戦! 8」

にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ
にほんブログ村

 

小雨の降る中、クランクアップタワーを一番下まで降ろしま
した。 これがタワー高を 2.2m に下げた状態(給電点地上高は
6.3m)。

 

Ss

 

ベランダから見ると、八木アンテナが屋根の上スレスレまで降り
てきています。

 

2ss

 

高さ80cmの小型の脚立に乗るだけで、手がここまで届きます。
ルーフタワーのように屋根に上る必要はありません。

 

Ss_2

 

降ろした目的は、"川越無線"のアンテナ直下型プリアンプ
取り付け。

 

S

 

受信用プリアンプって、同軸ケーブルのロス分を補う程度?と
思っていたのですが、どうやら違うようです(良い方に外れ)。
アンテナマストに取り付ける前に、トランシーバー直前に接続
して動作テストをやったのですが、その時点で「コレ凄い!」

 

どうやらアンプ自体、低ノイズの優れモノのようです。
また実装状態では、長い同軸を通ってくる間にノイズを拾って
しまう前に増幅してやることで、さらなるS/N改善の効果も
期待できそうです。

 

実際に使ってみての感想は、また後ほどレポートしたいと思い
ます。

 

もう一つ。 タワー製作当初 木製だったローテーターとマスト
ベアリングの取り付け台は、今は金属板になっています。
共にアルミ板で、ローテーターの取り付け板が3.0mm厚、
マストベアリングの取り付け板が2.0mm厚です。 もちろん、
自分で穴開け加工したものです。 少し薄いのでは?という
感じですが、支えているイレクターパイプの間隔が狭いので
強度的には問題ないようです。

 

S_2

 

S_3

 

 ★★★ 2023 アンテナタワー最新記事 ★★★
    ⇒ アンテナタワー自作 「簡易クランクアップタワーに挑戦! 9」: 430MHz八木を2列2段化!

 

 ★★★ 2017 アンテナタワー最新記事 ★★★

    ⇒ 「簡易クランクアップタワー」の上げ下げを劇的に改善!」

 

 ★★★ 2017 アマチュア無線最新記事 ★★★
    ⇒ 「"Turbo HAMLOG"のデータをiPhoneで活用する!」

« 柴犬を連れて鹿島神宮 & 水郷へ行ってきました | トップページ | ブログを開設して1年になりました! »

アマチュア無線」カテゴリの記事

工作」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アンテナタワー自作 「簡易クランクアップタワーに挑戦! 8」:

« 柴犬を連れて鹿島神宮 & 水郷へ行ってきました | トップページ | ブログを開設して1年になりました! »