フォト
2023年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

本 : My Favorite!

  • 磯田道史: 武士の家計簿

« 柴犬を連れて水郷佐原へ行ってきました | トップページ | 2011年 総集編 »

2011年12月11日 (日)

iPad を カーナビにする!

2005年式の日産エクストレイルに乗っています。 防水処理のシートや室内は、
カヌーのときや犬を乗せるときに大変重宝しています。
このクルマを購入したとき、HDD式は高かったのでDVD式のカーナビを付けた
のですが、そのカーナビも年月を経てマップにない新しい道がどんどん多くなり、
さらにタッチパネルも利かなくなってきました(地名検索のとき、「う」を入力する
ためには、「あ」をねらって押さないといけない、とか)。

そんな折、iPad2を買いました。 3G+WiFi モデルです。 購入目的の一つが、
ポンコツになったカーナビの代わりにすることでした。

元々付いていた純正のカーナビ。 当然のごとく、センターコンソールにキッチリ
と収まっています。

Navi1s

そして、iPad!

Navi2s

笑ってしまうほどの大画面です!

インストールしたナビ・ソフトは、「MapFan for iPhone」と「全力案内!ナビ」の
2本。 (写真は最近のアップデートで iPad 対応になった MapFan for iPhone )

「全力案内!ナビ」の方がナビを強く意識した作りになっていて、コース全体と
現在位置周辺の詳細が並列表示されるとか、渋滞情報表示などのオプション
が整っていたりします。 が、現バージョンは未だ完成度が低いのか、OS5対応
が甘いのか、使用中によく落ちます。

一方、「MapFan for iPhone」の方は "地図ソフトにナビ機能も搭載" という感じ
で、地図情報はこちらの方が充実していると感じます。 また、地図データが
予め全てインストール済みなので、3G電波の届かない山中でも地図+GPSの
連動が可能です。 こちらの動作は安定していて、今のところ落ちるようなこと
は経験していません。

肝心の iPad の取り付け方ですが、

 (1) iPad を簡単に付け外しできる
 (2) クルマの運転中に iPad が外れたり落下したりしない
 (3) 見やすく、じゃまにならない

という条件で色々考えて試した結果、

  ケースに入れた iPad を、面ファスナー(商品名:マジックテープ、
  ベルクロなど)でダッシュボードに固定する

方式を採用しました。 下の写真のオレンジ色の矢印が面ファスナーです。
水色の矢印のところには、元々のカーナビの操作ボタンが iPad で押されて
誤動作するのを防ぐために、隙間ができるよう透明ゴムのスペーサを貼り
付けてあります。

Navi4s

取り付けるときは、ケースに入れた iPad の下のフチをカーナビの下にある
トレイのフタにひっかけて乗せた後、下の写真のようにケースのフラップを
ダッシュボード上面にはわせて、面ファスナーが噛み合うようにして固定し
ます。
(面ファスナー、超便利です! おかげでコチラも付け外し自在に取り付ける
 ことができました。 ⇒ 「アマチュア無線用トランシーバーをクルマに積む」 )

Navi3s

電源は、アクセサリソケット ⇒ 12V to 5V DC-DCアダプタ ⇒ iPhone/iPad用
ケーブルと繋いで、外部電源で運用しています。 今のところ、カーラジオが
使いにくくなったことを除けば、至って快適に使えています。
(もちろん、クルマが走っているときの操作は危険なので、iPad を操作したり
 しません。)

« 柴犬を連れて水郷佐原へ行ってきました | トップページ | 2011年 総集編 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: iPad を カーナビにする!:

« 柴犬を連れて水郷佐原へ行ってきました | トップページ | 2011年 総集編 »