フォト
2023年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

本 : My Favorite!

  • 磯田道史: 武士の家計簿

« 山形出張の合間に山寺へ行ってきました | トップページ | 柴犬を連れて"海ほたる"へ行ってきました & 豆助当たりました »

2011年9月 9日 (金)

ベルモントのチタンシェラカップは炊飯にどうだ?

ベルモントの「チタンシェラカップ深型フォールディングハンドル」の "600" と "480" を購入したので、早速 "600" を使っての炊飯レポートです。

今回の「チタンの友」は、まっちょんさんから頂いた情報 を参考にして(パクって)、パンチングタイプのアルミ板(厚さ1mm)を使い、ベルモントチタンシェラカップ深型600の底面にピッタリ合わせた円形(シェラカップ内に収納可能)に作ってみました。
米の量&水加減は、研いだ3/4合のお米+水で合計が300gです。
これを下の写真のようにガスストーブにセットします。 いつものようにストーブには炎が細くチタンクッカーには悪条件の"EPI STRAストーブ(廃盤)"を使用しています。
フタはベルモントの「チタンシェラカップリッド」を、その上には重石として、水を入れた「チタンシェラカップ深型 480フォールドハンドル」を載せました。

Picture_2527s

Picture_2831s

火力は沸騰するまではそこそこの強火、吹きこぼれが始まったら沸騰が持続できる程度の弱火にします。

Picture_32s_2

グツグツ音が消えたら(おコゲが欲しければ、香ばしいにおいがしてから)火を止め、むらします。 今回はお腹がすいていたので待ちきれず、むらしは12分で切り上げ。 仕上がりはこんな感じです。 この様子だと、お米の量を1合にしても炊けるかも知れません(フタの密閉度が良かったせいか、吹きこぼれも少なかったので)。

Picture_37s_2

お米3/4合の炊き上がりは、中くらいのご飯茶碗に程々1杯くらいです。 底の方に少しだけおコゲができていました。
食べた感じはカレーにGoodな、やや硬めの仕上がりでした。 柔らか目が良ければ、もう少しむらしを長くするか、水を増やした方が良いかも、という感じです。

Picture_46s

炊飯後のシェラカップの底の状態。 ハデな焦げ付き、硬いこびりつきは見られません。

Picture_40s_2

ナイロンたわしで水洗いした後。 すぐにキレイになりました。

Picture_48s_2

ベルモントの「チタンシェラカップ深型フォールドハンドル」の "600" と "480" はこんな具合にうまくスタッキングできます。 私の "480" は、熱くなっても素手で持てるよう、ハンドルにシリコンチューブをかぶせてあるのですが、それでもスタッキングできました。 なお実測したところ "600" は 74g で、72g の "480" とたったの 2g しか変わらないのは不思議ですらあります。

Picture_51s_3

今回の飯盒=チタンシェラカップ深型フォールドハンドル600+チタンシェラカップリッド
                =104g
でした。

« 山形出張の合間に山寺へ行ってきました | トップページ | 柴犬を連れて"海ほたる"へ行ってきました & 豆助当たりました »

アウトドアクッキング」カテゴリの記事

コメント

アルミ板の穴の開き方カッコいいですねヽ(´▽`)/
ふむふむ。次は僕も厚さ1mmで作ってみます!

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ベルモントのチタンシェラカップは炊飯にどうだ?:

« 山形出張の合間に山寺へ行ってきました | トップページ | 柴犬を連れて"海ほたる"へ行ってきました & 豆助当たりました »