フォト
2023年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

本 : My Favorite!

  • 磯田道史: 武士の家計簿

« 続: 夏休みの自由研究に "分光器" はいかが? | トップページ | 山形出張の合間に山寺へ行ってきました »

2011年8月21日 (日)

続々: 夏休みの自由研究に "分光器" はいかが?

掲載した "分光器" ですが、さてコレを何に使うか? コレで何のスペクトルを見るか?

見て面白そうな例をいくつかリストアップしておきますので、ご参考にしていただければ。

 1. 蛍光灯  ・・・ (既出)5~6本の発光線が分離してキレイなスペクトルが見えます。
             (安物と高級品では違いが見られるかも)

 2. 白色LED ・・・ 太陽光や白熱電球などと違って「白色」と言いながら、フツーの白色
             LEDでは、スペクトルの一部分に抜け(発光していない波長帯)が
             存在します。 さて、どこに抜けがあるでしょう?

 3. 3原色   ・・・ 白熱電球など白色の光源と黄色・赤紫色などの色セロハンを用意
             します。 最初に白色の光源のスペクトルを確認しておいて、次に
             黄色の色セロハンを通して観察します。 さて最初のスペクトルから
             どの色がなくなったでしょうか? 赤紫色の色セロハンではどうなる
             でしょう?

« 続: 夏休みの自由研究に "分光器" はいかが? | トップページ | 山形出張の合間に山寺へ行ってきました »

工作」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 続々: 夏休みの自由研究に "分光器" はいかが?:

« 続: 夏休みの自由研究に "分光器" はいかが? | トップページ | 山形出張の合間に山寺へ行ってきました »