フォト
2023年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

本 : My Favorite!

  • 磯田道史: 武士の家計簿

« IC-7000M が届きました! | トップページ | パソコン用パーツでアウトドア 第4話 <<続 ○○ッ○ボイルもどき>> »

2011年7月28日 (木)

"チタンの友" vs "ATSチタンクッカー" << "ナン" で勝負 >>

"チタンの友" の実力がだんだんと分かってきたので、いよいよ "ATSチタンクッカー" に挑戦します。 題材は、前にやった 「チタン製フライパンでトーストを焼く」 を少し進化させて、「フライパンで "ナン" を焼く」 にしました。 使ったのはコチラ。

Picture_d23s

無印良品の、その名も 「フライパンでつくるナン」。 本来は 20~30cm 径×4枚の分量なのですが、アウトドア用の小さいフライパンなので、"つくり方" の通りに粉を練って作った後、6枚分に小分けしました。

最初は、"チタンの友" + ATS加工されていない "ATSチタンクッカーのフタ"。 フライパンの底に薄くオリーブオイルを敷いてから 小分けにした "タネ" を入れます。

Picture_d24s

キツネ色の焼き色が付いたところで、裏返して両面を焼きます。 できあがりはこんな感じ。

Picture_d31s

それなりに均一に焼けていておいしそうです。 ジュルル ・・・

2番手は、"ATSチタンクッカー" です。

Picture_d36s

ATS加工された "ATSチタンクッカー" 本体を "チタンの友" 無しで直載せしてトライです。

オリーブオイルを敷いてバーナーに着火すると、先ほどより弱火にしたにも関わらず、すぐに煙が上がります。 あわてて "タネ" を入れて焼き始めますが、すぐに焼けた匂いがしてきまず。 ギリギリの弱火にして、裏も焼いて終了。 バタバタしちゃって、結局途中の写真は無しです。

最後に、"チタンの友" + "モンベル チタンディープディッシュS" で もう1枚を焼いて、3本勝負の完了です。

3選手の作品の比較がコチラ。

Picture_d57s

明らかに他2つと違う仕上がりの手前が、"ATSチタンクッカー"。 ほとんど差が見られない奥の左右2つですが、左が "モンベル チタンディープディッシュS"、右が "ATSチタンクッカーのフタ" です。

"チタンの友" の2作品は、それなりに(石窯ではないので、あくまで "それなり" ですが)外はカリっと中はモチっとおいしくいただくことができました。 手前のヤツは、 トーストの時 と同様に、中央は焦げて苦く、周辺は生焼けでした。

ナンを焼いた後の "ATSチタンクッカー" の底はこんな感じ。 炭化してます。

Picture_d40s

一方、 "ATSチタンクッカーのフタ" の底はこんな感じ。

Picture_d44s_5

意外に差が付いてしまいました ... やっぱりアルミの厚みの差は大きいようです。 なぜATS加工のフライパンがないのか、理由が分かったような気がします。

« IC-7000M が届きました! | トップページ | パソコン用パーツでアウトドア 第4話 <<続 ○○ッ○ボイルもどき>> »

アウトドアクッキング」カテゴリの記事

コメント

やっと炊飯上手く出来ました~(◎´∀`)ノ

その節はアドバイスありがとうございました。

ちなみに厚さ0.5のパンチングメタルで作りましたが、一度火に当てたらベコベコに曲がってしまいました。チタンの友(1.0)では曲がりはありませんか?

> やっと炊飯上手く出来ました~(◎´∀`)ノ

おめでと-ございます! アルミのチカラに感謝!

> チタンの友(1.0)では曲がりはありませんか?

使うたびに"焼きなまし"されるので、元よりはやわらくなりますが、
ベコベコにまではならないようです。
使い終わったら、軟らかくなったところで、使うクッカーの底に沿わせて
形を整えておくと、次に使いやすくなりますよ。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: "チタンの友" vs "ATSチタンクッカー" << "ナン" で勝負 >>:

« IC-7000M が届きました! | トップページ | パソコン用パーツでアウトドア 第4話 <<続 ○○ッ○ボイルもどき>> »