フォト
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

本 : My Favorite!

  • 磯田道史: 武士の家計簿

2018年12月24日 (月)

【ウクレレ】 X'mas 練習 - 最終 (第三弾)

今日はイブ。 「ジングルベル」の練習もこれで最後です。

今日はもう一曲、「赤鼻のトナカイ」もUpしておきます。 こち
らはまだ練習量が少ないので、かなりぎこちない演奏です。

なお、今回up分は 前回upの記事 とは違って、ハワイにある
"KUMU" というブランドのテナーウクレレ (日本では コ コ
で扱っているようです) で弾いています。  (クリックで拡大)

Img_5441s

買った時にはAquilaのナイルガット弦が張ってあったのですが
今はWorthの "CT-LGHD" (テナー用のハイテンションLow-G
セット) に交換しています。

にほんブログ村 音楽ブログ ウクレレ・ハワイアンへ
にほんブログ村
 
にほんブログ村 音楽ブログ クラシックギターへ
にほんブログ村

2018年12月18日 (火)

【ウクレレ】 X'mas 練習 - 第二弾

1週間前の記事でupした「ジングルベル」 の練習、第二弾
です。

少し滑らかに弾けるようになってきました。

にほんブログ村 音楽ブログ ウクレレ・ハワイアンへ
にほんブログ村
 
にほんブログ村 音楽ブログ クラシックギターへ
にほんブログ村

2018年12月 9日 (日)

【ウクレレ】 コンサートサイズ向きのLow-Gは + X'mas 練習

手持ちのテナーウクレレには Low-G を張ってあるのですが、
最初に入門用で買ったコンサートウクレレも Low-G仕様に
してみました。 これまで Low-G 弦は色々買い集めて、手元
に6種類あります。 (3)~(6) はフロロカーボン製です。 上記
テナーに張っているのは (6) です。

  (1) AQUILA メタル巻き弦 (Hawaiiで買った)
  (2) AQUILA Red (赤くて太い不思議な弦)
  (3) ORCAS  (黒。ORCASは4弦セットのみ)
  (4) WORTH Brown (B-LG)
  (5) WORTH Clear (C-LG)
  (6) WORTH Clear Hard (C-LGHD)

コンサートに色々張り替えて試した結果、最終的に 4弦 vs
1~3弦 で響きに違和感が少なかった、

  1弦 : WORTH Medium
  2弦 : ORCAS Medium
  3弦 : ORCAS Medium
  4弦 : WORTH Low-G Brown ← 上記 (4)

の組合せに落ち着きました (もちろん同じコンサートサイズで
もモデルが違えば低・高音のバランス等が違うので、一概に
言える訳ではありませんが) 。 なお2・3弦と1弦が違うのは、
手持ちのORCASがテナー用セットで、1弦だけソプラノ・コン
サート用とは太さが違っていたためです。

各 Low-G 弦のインプレは、

  (1) サステイン長過ぎ。音質も違う
  (2) 倍音成分が少なく、音質悪い。
  (3) コンサートでは"張り"が弱く、ビヨーンて感じ
  (4) サステインは程々長く、音質もそこそこ
  (5) サステイン短い
  (6) "張り"は強いが、サステイン短過ぎ

といった感じです。

この "Low-G 仕様" コンサートウクレレで、クリスマスに向け
て (人前で披露の予定なんて全く無いのですが) 「ジングル
ベル」を練習中です。

やっとのことで一通り通しで弾けるようになったので、第一弾
の記録。

Low-G 弦自体は、やっぱり弦長が長い&低音が響く テナー
ウクレレに分があるのですが、クリスマスソング向けには弦長
の短い方が高音弦の音がキラキラして良い感じです。

にほんブログ村 音楽ブログ ウクレレ・ハワイアンへ
にほんブログ村
 
にほんブログ村 音楽ブログ クラシックギターへ
にほんブログ村

2018年9月30日 (日)

KoAlohaの購入時の弦は"Worth クリア"の"Light"?

KoAloha のコンサートウクレレ (前回の記事の"コンサート")
の弦を交換しました。 購入後1ヵ月半で初回の弦交換です。
各弦の裏側にフレットの傷がクッキリ付いただけでなく、何と
"ささくれ"まで発生しました。

Img_1266s_2

ウクレレの弦交換に関してこのような症状は、島村楽器のWeb
サイト
にも紹介されています。 でも、1ヵ月半は早過ぎ? 弦を
強く押さえ過ぎているのでしょうか? それとも弾き過ぎ?

手元に "Worth クリアフロロカーボン" の "Medium (CM)" が
あったので、それに張り替えたのですが、何となく以前より
張力が強くなったような気が。 そこで、外した方の弦の直径を
マイクロメータで測ってみました。 張力がかかっていたことで
若干細くなっているかも知れないので、各弦の中央部とペグ側
で余っていた端の2ヵ所を測りました。 結果は、

  1st    0.47 ~ 0.48 mm
  2nd    0.60 ~ 0.63 mm
  3rd    0.75 ~ 0.77 mm
  4th    0.52 ~ 0.53 mm

でした。 これに対して、Worth の Web サイトに掲載の仕様は
下記 (1インチ=25.4mm で換算) 。

         Light  Medium
  1st    0.47   0.52 mm
  2nd    0.66   0.66 mm
  3rd    0.74   0.74 mm
  4th    0.52   0.57 mm

2弦は誤差がありますが、どうも購入時に張ってあったのは
"Light (CL)" のような感じです。 それを "Medium (CM)" に
替えたことで、張力が強くなったのでしょうか。

あと、購入時の弦は "クリア" に比べて、少しだけですが 白く
濁って見えます。

にほんブログ村 音楽ブログ ウクレレ・ハワイアンへ
にほんブログ村
 
にほんブログ村 音楽ブログ クラシックギターへ
にほんブログ村

2018年9月 9日 (日)

My ウクレレで、テナーとコンサートを比較

ウクレレを弾き始めて4ヶ月目。 練習中の初心者向けソロ曲を
コンサートサイズとテナーサイズのウクレレで弾き比べてみま
した。 コンサートの4弦は買った時のまま High-G ですが、
テナーの方はフロロカーボン製の Low-G に交換しています。

(窓を開けた部屋で録音。単一指向性のダイナミックマイク
 なので、家の前を通るクルマの音などは気にならないのです
 が、ウクレレのバックで聞こえているのはノイズではなく、
 外で鳴き始めた秋の虫だと思います)

まずは、コンサートから。

続いて、テナー。

この曲はテナーの方がイイ感じでしょうか。
 

ここからはコンサートの方で、4か月目の定点記録。

「小さな竹の橋で」

「アロハ・オエ」

 
にほんブログ村 音楽ブログ クラシックギターへ
にほんブログ村

«【超初心者!】 ウクレレで「ALOHA OE(アロハ・オエ)」